home

LED照明 交換時の事故に注意

 節電のために蛍光灯や白熱灯を省エネ性能が高く、長寿命であるLED照明に切り替える家庭が増えているが、装着時に火災など事故につながるケースもあるため、行政や業界団体が消費者に注意を呼びかけている。

 事故につながるケースがあるのは、家庭では台所などに使用されることが多い直管形蛍光灯を同じ形の直管形LEDランプに取り換えるとき。蛍光灯器具はさまざまな種類がある。そもそも、直管形LEDランプは既存の蛍光灯照明器具が本来想定していた適合ランプではない。種類によってはLEDランプに取り換えるときに器具の改造が必要なケースがあるが、改造せずそのまま取り付けると事故につながる場合もある。

 経済産業省の外郭団体で電気製品の安全評価などを行っている製品評価技術基盤機構製品安全センターがまとめた照明器具の事故は、平成19〜23年度の5年間で492件。このうちLED照明の事故は22件とまだ少ないが、LED照明の普及とともに増加も予想される。

 同センターの川野和弘技術業務課長は、「スイッチを入れたら発煙したケースがある。ランプが輸入品で包装箱に英語で『照明器具の安定器を取り外してから使用する』と注意表示はあったが、日本語の注意表示はなく、そのまま取り付けたためだ」と話す。

 日本電球工業会などは、既存の蛍光灯器具に取り付けられないように直管形LEDランプの口金をL形ピンにして、専用ソケットを必要にした新規格を制定している。ただ、従来の蛍光灯と口金の形状が同じものも多いため、器具の改造が必要な場合も、改造しなくても取り付けることができるので要注意だ。

 器具によっては、改造不要でLEDランプを取り付けることができる場合もあるので、消費者が判断するのは難しい。自分で判断できない場合は、費用はかかるが、専門業者に取り付けを依頼したり、ランプだけでなく、照明器具もLED用に買い替えることも考えたい。(財川典男)

照明のお勉強

・照明のお勉強はジュエリーショップや美術館!
基本的にどんなところに行っても、照明を注目して見てみると自分の部屋で使える「小技」が潜んでいます。中でも商品や展示物に注目を集めるための照明が設計されているジュエリーショップや美術館、個人の絵画や陶芸・書道展などがオススメです。ジュエリーにいたっては、どうやって輝きを表現するか着目されて計算された照明とディスプレーがとても勉強になります。
高級なジュエリーショップはなんだか入りづらいときは百貨店やデパートのジュエリーコーナーやアクセサリーショップでチェックして下さい。
・パリやイギリスの映画もおしゃれな部屋がたびたび登場します。
万人受けの映画も良いのですがミニシアター系もおしゃれな場面が期待できます。ストーリーがおもしろく俳優達の演技に引き込まれすぎて、おしゃれな部屋を見逃してしまうかも!そんなことのないように注意しながら気分転換にもなる映画はとってもオススメです。
・ごみや要らないものはその日のうちに捨てること。
・DM関係や新聞は毎日(できるだけ)処分すること。
・事前に「とりあえずボックス」を作り、要る・要らない物の判別がつかないときは「とりあえずボックス」に入れて、溜まってきたと感じたら再度判別して処分する。
「とりあえずボックス」はふた付きの箱やケースであればなんでもOK!

インテリアの作り方

憧れのテーブルやカウンターに照明、全部欲しいけれど予算がなくて・・・。
という方はオリジナルでインテリアグッズを作ってしまいましょう!もちろん、実際に購入するより製作するほうが材料費や時間が掛かってしまうこともあります。その辺を考慮して、思い切って自分で作ってみるか、買ったほうが安いと思えば購入するか選択肢は色々あります。メリットやデメリットをまとめてみましょう。

116年ぶり 秋分の日なぜ22日

2012年9月22日は「秋分の日」だ。だが,今年の秋分の日は少し特別な日であることをご存知だろうか。これまで長らくの間,秋分の日は9月23日だった。しかし今年はなんと,1896年以来116年ぶりに,9月22日が秋分の日となるのである(9月23日でなくなるのは,1979年9月24日以来33年ぶり)。

■自転周期と公転周期の微妙な“ずれ”
そもそも「秋分の日」とはどのような日なのだろうか。

 国民の祝日に関する法律によれば,秋分の日とは太陽が「秋分点」を通過する日のことと定められている。秋分点とは,黄道を動いていく太陽が地球の赤道の真上,つまり天の赤道を横切る瞬間の位置のことだ(イラスト参照)。国立天文台は,地球の自転の遅れなども考慮しつつ,この秋分点を通過する時刻を計算し,決定している。

 さて,それではどうして秋分の日の日付がかわってしまうのだろうか。それは,太陽のまわりを地球が一周する周期(公転周期)が,地球の自転周期(1日)の整数倍になっていないためである。地球が太陽の周りをまわり,元の位置に戻ってくるためには約365.2422日(約365日5時間49分)かかる。これは,太陽が秋分点を通過する時刻が,毎年約5時間49分ずつ遅れていくと言い換えることができる。ただし,公転周期は月や惑星などの影響によって変わるため,前年の秋分点の通過日時に単純に5時間49分を足した値と,実際の秋分点の通過日時は若干食い違うこともある。

■秋分の日をずらす犯人は「うるう年」
国立天文台が毎年発表している「暦要項」によれば,2006年の秋分点通過日時は9月23日13時3分で,2007年のそれは9月23日18時51分だった。確かに約5時間49分のずれだ。このままずれていけば,2008年の秋分点の通過時刻は9月24日に突入してしまう。

 しかし2008年は「うるう年」であるため,丸一日巻き戻される。その結果,2008年の秋分点の通過日は9月24日ではなく,9月23日の0時45分となったのだ。このように,これまでは通常,4年間でたまった約1日のずれが,うるう年により解消されてきたのである。

 それでは2012年はどうなるのだろうか。2010年の秋分点通過日時は9月23日12時9分,2011年のそれは9月23日18時5分だった。この18時5分に5時間49分を足すと,9月23日23時54分となる。9月24日にずれこまないのだ。しかし,2012年はうるう年である。その結果,2012年の秋分点の通過日は9月23日ではなく,9月22日となるのだ(実際の秋分点通過日時は9月22日23時49分と予想されている)。

 国立天文台によれば,今世紀中は今後,秋分の日が9月22日になる年も多くなるという。秋分の日は空を見上げて,地球の運行に思いを馳せてみてはいかがだろうか。





Copyright © インテリア:照明のお勉強, ALL rights reserved.